ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

アレルギー

アレルギー ビゲ 脱毛

肌がアレルギー体質だけどヒゲ脱毛をしたい

ヒゲ脱毛をしたいけれど、肌にアレルギーがあるようなので足踏みしてしまう男性も少なくないはず。けれど、ヒゲ脱毛は、逆に肌の状態が良くしてくれる可能性もあります。

アトピーだけどヒゲ脱毛はできますか?

肌アレルギー体質、例えば金属アレルギーやアトピーなどの場合は、初めから脱毛をあきらめてしまう人が多いと思います。
たしかに、敏感肌やアトピーの人は刺激に弱く、肌ダメージも受けやすいのですが、肌の状態次第でヒゲ脱毛は可能です。

アレルギーの人ほど、脱毛は積極的に考えるべき

肌が金属アレルギーの場合は、ちょっとしたカミソリの刃でも肌が荒れることがあります。カミソリの刃がヒゲだけをカットすることはなく、実際はわずかな肌の角質も削りとってしまいます。下手をしたらヒゲを剃る度に肌が荒れて、たっぷりローションで臭うくらい労らないと腫れが引かないということもあり得ます。このような場合は、脱毛をしてしまった方が肌のコンディションを良好に保ちやすくなる場合があります。レーザー脱毛施術でも光脱毛施術でも肌に与えるダメージはわずかですので、十分に検討してよいと思います。
一方、ニードル脱毛(針脱毛)は毛穴に直接針を刺して施術を行うため(肌に直接触れるため)、肌へのダメージはしっかり考慮する必要が出てきます。ニードル脱毛でないと効果が望めないような状態の場合は、クリニックで医師の診断を受けるのがまず先決です。肌の状態が良ければ施術は可能ですが、アトピーや敏感肌の方はできれば避けたい脱毛法です。

脱毛施術が行えない肌の状態とは

肌の状態によっては、レーザー脱毛できない、断られることがありますが、具体的なものは以下の通りです。

  • 色素沈着、日焼けをしている
  • ほくろやシミ、アザがある
  • 肌に湿疹や炎症がある
  • 擦り傷、虫刺されなどがある

つまり、皮膚の色が一時的であろうと変わってしまっている場合は、その状態が解消されるまでは施術を控えるよう言われることがあります。ただし、少し赤くなっている程度なら大丈夫という場合もありますので、必ずカウンセリング、診断を受けて専門家の判断を仰いでください。

アトピーの場合も肌の状態次第!

原則、アトピーの場合は肌の状態が良好なときは、レーザー脱毛もしくは光脱毛施術を受けることができます。逆に肌の状態が悪いときは、どの施術も断られるはずです。つまり、アトピー体質の人はコンディション次第ということになります。肌の状態を悪化させるような脱毛施術になることは、極力避けるべきで、的確な判断ができる日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が在籍する、脱毛クリニックで相談するのがまず第一です。
また、アトピーの治療薬にステロイド剤が含まれている方は、必ずカウンセリング時に確認してください。ステロイドには脱毛レーザー光を吸収しやすく作用し、やけどなどのリスクが高めてしまいます。通常は、脱毛前後に一定期間、使用を停止するような指示が与えられるはずです。

サロンで脱毛施術を受ける場合は、後々の肌トラブルを防ぐため、どの皮膚科のクリニックと提携しているをしっかり確認しておきましょう。普通の人よりアレルギー体質の人は肌トラブルに見舞われるリスクが高いため、提携しているクリニックが明確であるサロンを利用したほうが安心です。

カウンセリング時は必ずアレルギー体質を説明すること

カウンセリング時は、アレルギー体質を説明するのもみならず、肌についての不安があるときは忘れずに相談しておきましょう。多くのクリニックやサロンでは肌に不安がある人や、痛みを試験的に体感するために「試し打ち」と呼ばれる、実際の脱毛施術を試してみるサービスがあります。無料サービスではないクリニックやサロンもありますが、無料サービスになっているところも増えています。

アレルギー体質の場合、厳密に検査を行うと時間と費用がかかりますが、ヒゲ脱毛に関してその皮膚の状態を確認するだけなら、レーザ脱毛で試し打ちをしてもらうのが、手っ取り早く確実です。アレルギー症状がひどくなるようだと、施術を受けないほうが良いということになり、ひどくならない場合は受けることができるというだけです。そのため、アレルギー体質の方はカウンセリングがとても重要です。カウンセリングの時に、細かく説明をして、同時にレーザーの試し打ちまでしてくれるクリニック(光脱毛の場合はサロン)を選ぶと安心です。

アレルギー肌の人は脱毛したほうがケアが楽

すべては肌の調子次第ですが、脱毛施術に通える状態の方は脱毛してしまったほうが肌の状態は改善する可能性があります。カミソリ負けなどの理由以外にも、毛穴が引き締まるなどの効果も期待できるため、肌の状態が良い方向に向かうことが多いといえます。事実、肌荒れがひどい、デリケート肌だと思いこんでいたのが、脱毛して肌が綺麗になったという男性は珍しくありません。オトコはヒゲ剃りから解放されるメリットは計り知れないメリットもあるのです。

レーザー脱毛や光脱毛は、肌には優しいとはいえ、施術後の保湿ケアを怠って、肌が乾燥し、バリアー機能が低下して雑菌をおびき寄せ悪化させてしまうケースは少なからずあります。アレルギー肌の人は、薬でなく、脱毛中はしっかり紫外線を避け、肌の保湿のケアを忘れないようにしましょう。

もし、アトピー(アレルギー肌)の状態がひどくなって、脱毛に通えないときは「休止制度」を利用すれば、症状が落ち着くまで休むことができます。休止制度が充実しているかどうかも、カウンセリング時に相談しておくと症状悪化による脱毛予定の変更にも対応することが可能です。

栄セントラルクリニック

まとめ

アレルギー体質だけどヒゲ脱毛したいまとめ

  • アトピー(アレルギー肌)でも脱毛可能だが、肌の状態が良好であることが前提
  • アレルギー肌の脱毛は、カウンセリングで専門家の診断をしっかり受けるべき
  • アレルギー肌の人はできる限りアフターケアが充実したクリニックやサロンを選ぶべき

特集記事
口まわり
男の厳選脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る


-アレルギー, ビゲ, 脱毛
-, , , ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.