ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

デザイン ビゲ 脱毛

お洒落なヒゲのデザインを考える

ヒゲ脱毛と聞くと、顔全体をまるまるツルツルにしてしまう、いわゆる美男子系のヒゲ脱毛を想像しがちですが、一部ヒゲを残してあとは脱毛してしまうという、ヒゲを整えやすくするデザイン脱毛もあります。

デザイン脱毛とは?


  • ヒゲを薄くする(減毛)
  • 部位の一部分だけを脱毛する

デザイン脱毛なら、全国展開で人気の高いゴリラクリニックメンズリゼがオススメです。

カッコいいお洒落なヒゲにするには?

個人差があるヒゲの濃さ、特にヒゲの生え方は個人差があります。ヒゲの生え方は人それぞれですが、その人のヒゲの生え方に合ったおしゃれをすれば、カッコ良いデザインのヒゲを作る事ができます。顔のイメージも変わり、面長、童顔など顔の悩みもカバーしてくれるので要チェックです。

誰にでもオススメできる「アゴヒゲ」だけでするデザイン

アゴヒゲ

顔の形を問わず、初心者でも気兼ねなく挑戦できるのが「アゴヒゲ」です。アゴヒゲをシンプルに残すと、顔が引き締まって見える効果もあります。

アゴヒゲをしっかり整えると、クールな印象を与えることができて、ヒゲの残し加減を微調整することでセクシーさも演出できます。アゴヒゲともみ上げを繋げたデザインにすれば、ワイルドさも加えることができます。
しかし、整えずに伸ばしぱなしになったり、エッジがしっかり出せていない整え方だと、無精で不潔感が出てしまいます。デザイン脱毛の時は、どの部分を残すのかをはっきりさせておくようにしましょう。ポイントは残しすぎないことです。広い面積で残したい場合は、濃すぎるヒゲにならないように、減毛してなだらかなグラデーションをかける方法もあります。その場合でも、エッジはしっかり整えましょう。

顔のエラが気になる人はもみ上げとは繋げずアゴのみのヒゲにすると顔がシャープに見えます。アゴの先端にボリュームが欲しい時は喉のヒゲ部分は綺麗に剃ってしまうと、キレイにコントラストが出ます。この場合、中途半端に残すと汚く見えるので、脱毛できる方は喉の部分は脱毛してしまいましょう。

似合う人は少なめの「口ヒゲ」だけでするデザイン

口ヒゲ
アゴヒゲに続いてチャレンジしやすいのが、口ヒゲだけでするデザインです。口ヒゲとは鼻の下のヒゲのことです。
欧米諸国や日本でも明治、大正時代には貴族階級に愛されたデザインです。イメージとしてはアダルトっぽさ、落ち着いた雰囲気の漂う知的な男という感じでしょうか。童顔の人はチャレンジしてみてもいいのですが、日本人には似合う人があまりいないのが、この口ヒゲです。狙った印象とは裏腹に、うさん臭さを演出してしまいがちな難しいデザインです。
鼻の真下のヒゲが薄く、口ヒゲが左右に分かれた形になることがあります。このタイプの口ヒゲは、チャップリンをはじめコントや宴会などで多用されるヒゲのデザインですので、そのイメージで人物像を見られることが多く、思いのほかカッコ良さを狙いにくいデザインでもあります。また、それでもカッコ良さを狙うには、毛量とヒゲの色(濃さ)のバランスも影響しますので、自分の顔のイメージと合わせて入念に見定めてみてください。

口ヒゲ
海外では、口ヒゲはオシャレヒゲの代表格でもありますので、手入れをするときはカミソリだけではなく、ハサミで細かく整え続ける手間が不可欠です。脱毛するときは、残す部分をはっきりさせて、エッジが際立つようにするのがポイントです。また、実生活ではスープが口ヒゲについたり、不衛生さもつきまといますので、まめな手入れを欠かさないようにすることが大切です。
オシャレに生やすには、面倒で難しいヒゲですので、一度はチャレンジしてみても良さそうです。

微妙な人だけが似合う「頬ヒゲ」を意識したデザイン

ヒゲ
頬ヒゲは、アゴから耳までその頭の輪郭に沿って生えているヒゲです。頬ヒゲを生やすメリットは小顔効果、エラが張っている人は、輪郭のラインを隠せることです。しかし、どうしても不潔な印象を与える場合が多く、オシャレ以前に汚らしさを演出してしまうことが多くなるのがタマにキズです。きちんとこまめに手入れをすることで、かなりの清潔感は出すことができますので、手入れが面倒な方は敬遠した方が良さそうです。実際、ほぼ毎日の手入れが必要なデザインにもかかわらず、手抜きをして人前に出ると、良い印象は持たれません。白々しいほど、手入れしてます感をわかるように見せないと、オシャレには見えない、手間のかかるヒゲです。このデザインを好む人は、満足感は相当量あるようで、気を抜くと自分の望んでいたイメージとは全く違ったイメージを、相手に与えがちになるので注意しておきましょう。

ウィ
コム
カッコイイ芸能人は、この手の頬ヒゲが大好きな人が多いのですが、彼らにはスタイリストがついています。逆を言えばスタイリスト無しにカッコ良さをキープするには、努力が必要です。ヒゲを愛しているならできますけどね。

上級者向けの「口ヒゲ」と「アゴヒゲ」の濃さをデザインしたコンビネーション

ヒゲ
口ヒゲとは鼻の下のヒゲのことです。「口ヒゲ」と「アゴヒゲ」の両方を生やす場合は、全体のボリュームとそのバランスを間違えると、猿人や毛筆のようになってしまい、容易に近寄れない雰囲気を作り出してしまいます。似合うかどうか判断が難しいときは、取りあえず薄めのヒゲで始めて、次第に濃くしていくと簡単です。

口ヒゲとアゴヒゲ
口ヒゲの横幅は、唇の幅以上にしない方が生活感を維持したまま、うまくまとまります。ただし、横幅も狭すぎると、ジョークみたいにマヌケ感を出してしまうので注意です。口ヒゲとアゴヒゲをつなげるときは、自分の顔の大きさや、身体全体での顔とヒゲのバランスも見て決めましょう。ポイントはヒゲの濃さです。ヒゲが濃すぎると、アジア人の黒いヒゲは色のバランス的に重くなりがちですので、欧米人のようにはまとめにくいのが普通です。スキンヘッドで無い限りは、薄めのヒゲでエッジの効いたデザインで行くのがオススメです。
口ヒゲの横幅を、(唇の横幅以上に)長めにしたい場合は、さらに薄めに、エッジをしっかり整えるようにします。油断すると、汚らしい無精ヒゲと変わらなくなりますので注意しましょう。エッジの部分はしっかりヒゲ脱毛して、いつでもコントラストを維持できるようにしてしまうのがオススメです。

待って
マッテ
スキンヘッドの方は、「鼻の下のヒゲ」と「アゴヒゲ」は多少重く、濃くしてもバランスが取れます。要は顔全体のバランスです。

口ヒゲとアゴヒゲ

口ヒゲとアゴヒゲを繋げないデザインなら、ヒゲ濃さはあまり考えなくてもバランスが取れます。その場合でも繋げない部分のエッジの処理をきっちり行いましょう。怠ると、急激に清潔感が失われて、ビジネスシーンではデキナイ人感が漂い始めます。カミソリで処理してもかまいませんが、毎日の手間を考えると部分脱毛してしまうのがオススメです。

ゴリラクリニックの公式サイトで確認する

童顔をカバーする「無精ヒゲ」と「もみあげ」のデザイン

顔が童顔の方は、少しでもそれをカバーしてシブい感じの顔にしたいことがあるはずです。童顔の方は口ヒゲを生やしても、可愛らしい小坊主になってしまう事があるので、それ以外のヒゲにして、鼻下はツルツルで、キレイな肌のままで勝負した方がうまくまとまると思います。
アゴヒゲ
童顔にワイルド感を加える一例として、アゴヒゲをもみ上げと繋げるようにするデザインがあります。童顔でない方は、このようなデザインにしてしまうと、汚らしさを強調してしまうので、やらない方がよいでしょう。ある意味、「アゴヒゲ」と「もみ上げ」を伸ばしてワイルドさをアピールできるのは、童顔の特権だといえます。アゴヒゲの形は山(富士山)型が人気ですが、顔の輪郭にあわせてU字形にすればシブい雰囲気が出せる方もいます。

脱毛と合わせるときは、ヒゲの生え際をしっかり脱毛しておくようにします。野生感を出したいだけなのに、類人猿もどきになってしまっては、日常生活ではメリットがありません。清潔感を維持するためには、頬の真ん中のヒゲ、ムダ毛は完全脱毛するか、確実に剃って処理しておくようにします。
清潔感を保ちながら、無精ヒゲを生やすには、アゴヒゲが喉まわりにかからないようにして、ヒゲの生えていない部分とのコントラストをうまく出すのがポイントです
アゴヒゲを長めにしたり、外側だけまばらにそろえたりする手入れも、コントラストが出てこそのデザインですので、清潔感のある無精ヒゲは、手入れも大切だと言うことは覚えておいてください。

一般に、黒いヒゲのアジア人が頬に生えるヒゲを清潔感を保って利用するのは難しく、この部分の多くは脱毛してしまうほうが、後からの手入れが楽になります。あえて残すとしたら、頬の端ヒゲを輪郭あわせて整え、顔を面長に見せることを狙う場合です。雰囲気こそシャープになりますが、たとえ脱毛しても、手入れの大変さとトレードオフになります。

ヒゲが濃い人は、手入れさえこまめに行えば、色々なヒゲのデザインを楽しむ事ができます。ただし、怠ると一気に不潔感が増幅されるので要注意です。いらない部分のみを脱毛して、ヒゲをデザインして楽しむのも、ヒゲ脱毛の利用方法の一つです。

関連記事
口まわり
男の厳選ヒゲ脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る

オシャレなヒゲデザインのまとめ

  • ヒゲだけでなく、自分の顔と与えたいイメージを考えて、持続ができるデザインを選ぼう
  • ヒゲのデザインを本気で楽しむのであれば、こまめにヒゲの手入れをしよう
  • ヒゲをデザイン脱毛して、オシャレなヒゲを楽して楽しむのは大アリ

-デザイン, ビゲ, 脱毛
-, , , , ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.