ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

ヒゲ、臭う?

ケア ビゲ 臭い

ヒゲをはやしている人は臭うってホント?

学生の頃はカッコイイと思っていたヒゲを、ちょっと軽くこすってみたら、そのこすった手の嫌な臭いが気になった人はいませんか?
そのときは、何か臭うものを食べてヒゲについたのかなと受け流してしまい、まさか自分のヒゲの臭いだとは思わないものです。

ヒゲからなぜ悪臭が?その原因とメカニズムとは?

加齢臭という言葉は、美意識が高い人やエチケットを重んじる人には敏感な言葉です。特にその中でも男性は、気になる言葉では
ないでしょうか。その加齢臭がヒゲから発生している場合をご存知でしょうか?
また、加齢臭のような露骨のようなものではなくとも、肌に傷をつけたり、コーヒーやタバコの臭いが付着したヒゲは、他の要因と相まって臭いがきつくなります。

ヒゲが臭わないかをまずチェック!

  • 皮脂が酸化して臭っていないか
  • 肌が傷ついて、細菌が繁殖し、悪臭になっていないか
  • ソース、醤油、タバコやコーヒーがヒゲに付着して臭っていないか
  • 加齢臭対策しているか?
  • 不潔なカミソリや電気シェーバーの雑菌をヒゲにつけていないか

ヒゲの生えている部分は皮脂の分泌が多く、皮脂が酸化し、悪臭を放ちやすいものです。このように、皮脂臭が原因となっている場合は、ヒゲまわりの手入れだけでは不十分です。
ヒゲだけでなく、顔や頭皮からも同様の悪臭が発生している可能性が高く、注意すべきです(対策は後述)。
また代表的な皮脂臭というのは加齢臭の原因になっていて、年齢を重ねることで強くなります。そのため、年齢相応のケアが必要です。年齢だけ重ねて、誰でもヒゲ面の、ジェームス・ボンドになれるわけではありません。逆に、ケアさえしっかりすれば清潔感漂う、ボンドそのものとは言わなくとも、もどきにはなることができます。身の回りのエチケット用品、カミソリや電気シェーバーは菌が付着しないように、しっかり手入れをしてください。汚くなったら、新しい物に積極的に交換しましょう。交換の目安は、保証期間が切れた頃が一応の目安になります。

ヒゲを剃り落としたけど臭い続ける、原因は毛ではなくて毛穴!

ヒゲを剃ってしまえば、臭いが多少は抑えられると思うのですが、それでも臭い続けるのはなぜでしょうか。お寿司に醤油をつけて食べたとき、しばらくお口のまわりが臭いが消えない例を考えてみます。このケースでは、口臭はさほど問題にならないのですが、口のまわりに付着した醤油が落ちにくいので、多少拭き取ったくらいでは強く醤油が残ります。そこで、口まわりを手で触れてみて、その手の臭いがしっかり醤油臭になっています。つまり、口のまわりの皮膚についた醤油が手に移っただけです。
では、ヒゲの場合はどうでしょうか。お寿司を食べた場合は、その醤油がヒゲに付着しているだなけので、ヒゲを剃れば一件落着ですが、これが加齢臭だと話は変わってきます。ヒゲそのものに臭いは無く、ヒゲに何かが付着することによって臭いを放ちます。

何かを食べたわけでも無いのに、ヒゲを触った手が臭ってしまうのは、ヒゲの生えている毛穴から加齢臭を放つ皮脂が出て、それをヒゲを伝って上がってきて、臭っているわけです。
ヒゲ自体が臭いの原因では無いことに注意してください。原因はヒゲが生えている毛穴の方です。鼻の下やあご周辺は汗や皮脂が出やすい部分で、毛が密集しているため汗も皮脂も蒸発しにくく、とどまりやすい状態となります。

そうするとそれを餌に集まる細菌がつくので、その細菌が臭いを放つのです。またその細菌は密集された酸素のない所を好むため、より住み着きやすい状況をヒゲが作ってしまっています

カミソリやシェーバーを洗わない人は肌にも悪いため要注意

鼻に近い場所にあるヒゲは、鼻はいつもその臭いに慣れてしまって、ヒゲの臭いを嗅いでも臭さがわからないことがあります。人は誰でも自分の体臭は特別扱いしてしまいます。では、普段使用しているシェーバーやカミソリの臭いをチェックしてみてください。多くの人は気づくはずです、嫌な悪臭、多かれ少なかれ、たとえ若者であっても加齢臭に気づくはずです。

その臭いの原因は、シェーバーでヒゲを剃るときに、一緒に削った皮膚や肌の皮脂などが付着し、それが空気中の菌に分解され、それに雑菌が繁殖して、悪臭を放つようになっているのです。

ヒゲを剃るときは多かれ少なかれ皮膚を傷つけるので、その不衛生なカミソリで、傷をつけてしまった傷口への影響を想像してみましょう。当然、少なからず炎症を起こして肌には悪影響を及ぼします。カミソリ、シェーバーを使用した後の肌に、ニキビや赤みが目立つ場合は、その雑菌で炎症が引き起こされてしまっている可能性もあります。

どうすれば、ヒゲに関する悪臭を防げる?その対策は?

毎日の食事バランスに気をつける、運動を行う、しっかり眠るなど、健康面がしっかりしていての悪臭対策が前提です。さらに、ストレスでホルモンバランスを崩さないために、睡眠を含め、しっかりストレス発散にも気遣ってあげてください。

まず、第一はしっかり洗顔することです。部分ヒゲ、オシャレヒゲ、どのような形であれヒゲを生やしている方は、ヒゲもセットで洗ってあげることです。臭う人は洗顔だけで不十分で、身体を臭い対策をした上で清潔にすることも重要です。1日2回の洗顔では無く、毎時間ごと洗顔するくらいの気持ちでケアしましょう。ただし、量販されている肌に優しくない洗顔料やボディソープだと、1日の内に頻繁に使用すると、逆に肌を傷めてしまいますので、肌に優しいタイプのものを使用してください。肌に優しいタイプの洗顔料やボディソープは、臭いケアがメインで洗浄効果が低くなります。職場(やジム)などでシャワー等を浴びる環境がある方は、ボディソープを携帯しておくと便利です。オススメは、「ニオイ対策ボディーソープ アジカ」です。

ヒゲが必ずしも必要で無いなら、ヒゲをこまめに剃って、密集するヒゲエリアを好む菌を遠ざけるようにしましょう。剃ったシェーバーは毎日キレイに手入れを欠かさないようにします。手入れは除菌アルコールなども使用してください。カミソリなどはしっかり乾燥させることも大切です。

これを毎日の習慣・常識にしてしまうことが前提です。その上、例えば鼻の下に汗をかいたら、こまめに拭きとって菌の繁殖を防ぐようにします。このあたりのクセがついていなくて、嫌な臭いを出してしまう人は、デートや婚活のアプローチに躊躇したり、キスのチャンスを遠ざけたり、そのそぶりを見せるだけで相手に嫌われるという残念な事態を引き起こします。
ヒゲ脱毛を思い切ってやってしまう男性は、このような習慣づけを確実化した最終形ともいえます。ヒゲに未練がない方は、ヒゲ脱毛をやはりオススメします。

特集記事
口まわり
男の厳選脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る

電動シェーバーは現在でも性能が向上し続けており、メンテナンスさえ怠らなければ、直接悪臭の原因になることは抑えることができます。一方、カミソリは肌に刃が直接あたるため、肌は傷がつきやすく、傷口から細菌も入り込みやすくなります。そのため、古いカミソリを使い回すような子をすれば、臭い対策としてはよくありません。

例え自分が悪臭を放っていても、臭いは他人から指摘される事はありませんので、まず自分がしっかり対策するしかありません。対人関係のみならず、衛生面に置いても、常に気をつけておくのがエチケットであり、ケアになります。

常に、臭い対策を欠かさないようにするためには、塗るだけで悪臭の元になる、ニオイ菌が発酵、繁殖する隙間を与えないという、継続的にデオドラントクリームなどを利用すると効率的です。オススメはガレイド デオドラントクリームです。

まとめ

ヒゲの臭い対策のまとめ

  • 原因はヒゲでは無く、毛穴から出る皮脂などの分泌物
  • 体臭・加齢臭については脱毛とは別の対策が必要
  • カミソリやシェーバーは衛生的にいつも清潔にすべき
  • 体臭を抑えるソープは常用しよう
  • 体臭を抑えるデオドラントも積極的に活用すべき

-ケア, ビゲ, 臭い
-, ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.