ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

薬

ビゲ 脱毛

持病の薬を飲んでいるけど、ヒゲ脱毛していいの?

風邪薬や痛み止めの薬を飲んでいる人など、脱毛施術を受けることによってなにがしかの副作用を引き起こさないか心配する人もいるはず、じっくり見ていきましょう。

薬の服用と脱毛施術の影響は?

脱毛をヘアーサロンに通うのと同じように考えてしまう人が少なからずいますが、これは軽く考えすぎと言っていいと思います。お洒落の一環としての脱毛ですが、クリニックで行うレーザー脱毛は美容整形の一部ととらえておくのが正しい認識です。(サロンでの脱毛は、美容整形のワンランク緩い施術という認識でいいと思います。)
レーザーを使用しますので、火傷のリスクがつきまといます。

例えば持病があり、薬を日常的に服用している人は、施術を受けるときに気をつけることがいくつかあります。

脱毛施術を断られる持病とは?

脱毛施術は、普通は健康な人に対して行うもので、健康時様態が優れない方には施術できないのが原則です。
また、一見健康でも血流、血液に関わる持病の人は、断られることが多いです。

心臓病、脳梗塞を患った人は敬遠される

血管に関する病気を煩っている人で、そのための薬を服用している方は、施術を断られることがあります。例えば心臓に関する病気、また脳梗塞など脳に関する病気の場合は、血管を詰まらせないために、血液の性質を変える薬を処方されているのが普通です。その場合、万が一、出血を伴う事故が起きた場合に対応しきれないことが危ぶまれるので、施術を断られることがありますす。

糖尿病を患っている人は敬遠される

糖尿病の症状として、血管が脆なります。そのため、試しにレーザーや光を照射する事すら、躊躇されることがあります。それは、万が一、照射した際に血管が破れ、内出血を起超してしまったときの対応が難しいからです。サロンは医療機関ではないため、その場合の対応ができません。そのため、サロンでは施術を断るのが普通です。

主治医の意見を最優先して、クリニックやサロンは二の次!

脱毛クリニックは病院としての位置づけではありますが、医師の専門は主に皮膚科だと思いますので、通常は脳外科や心臓外科の範疇の外にいます。外科の医師だからといってすべてに精通熟練しているわけではありませんので、原則として自分の主治医に相談し、その意見を最優先するべきです。脱毛したいから、美容外科の医師の意見の方が自分に都合がよいからといって、そのまま受け入れるのは禁物です。同じ医師の意見ですので、ほぼ同じ結論になることが多いのですが、意見が異なる場合は主治医の意見を最優先することを原則にしてください。
サロンやクリニックに施術が受けられるかどうかを確認してから、「主治医の診断書」で肯定的な診断が出されることを前提に、施術を許可してもらえる場合に限って、普段通っている医師に相談する事が好ましいでしょう。

医師の専門によっては、レーザーや脱毛の知識が豊富でなく、紋切り型の診断しかできないケースも多いので、主治医と脱毛クリニックまたはサロンの双方に確認しておきましょう。サロンによっては医師の診断書や許可証が必要なケースもあります。

持病が原因で断られるケースとは?

薬の服用だけが、施術を断る対象とになるわけではありません。感染の可能性があるB型肝炎やC型肝炎の人は、万が一のリスクを避けて、照射テストもできないケースもあります。必ずしも感染が拡大する事故になるわけではないにしても、責任問題に発展した場合、商業的に致命的な被害を被る可能性もあります。そのため、施術は断られるのが普通だと理解しておくと良いと思います。

持病が原因で断られるケース

  • アルコール依存症
  • 内臓系疾患
  • てんかんの既往症
  • ケロイド体質
  • 光アレルギー
  • 癌の既往症

恒常的に塗り薬を使っているけど、大丈夫?

皮膚に疾患があり、塗り薬で被害を抑えている場合も、原則断られることを覚悟しておきましょう。たとえば、ステロイドを常時使用している人は、レーザーや光を照射することにより、皮膚に某かの跡が残るケースもあります。このような場合、脱毛施術そのものは可能でも、それによる皮膚の変質などについては責任を持ってくれませんので、リスクをとってまで脱毛すべきかどうかを、再度検討しましょう。

ノゥ
ノゥ
漢方薬は大丈夫なのかということが気になる人もいるかと思いますが、国内販売されている多くの漢方薬は完全に非化学物質配合といいうわけでもなく、やはり薬としてカウントするべきです。この場合も、クリニックやサロンで、カウンセリング時や施術前に確認をとってください。

予防接種などで後に脱毛施術する場合は?

薬の服用には問題が無い場合でも、予防接種のように、接種後24時間ほど空けなければならないといった時間の制限がある場合もあります。このような場合は、予約の変更が可能な場合は変更するなどして、自発的に脱毛するタイミングを少しずらすなどするべきです。予約の変更等ができない場合は、予防接種を受けたことを、カウンセリングや診断時にしっかり伝えて、施術を受けるようにしてください。

予防接種などで断られるケース

  • 当日の医薬の服用(例外アリ)
  • 前後12時間以内の飲酒
  • 前後10日以内の予防接種(例外アリ)

例外的なケースでは、骨折等で、骨を固定する金属が体内に残っている場合などは、念のため脱毛施術が可能かどうかをあらかじめ相談しておきましょう。

まとめ

薬を服用している人が脱毛施術を受けるときのまとめ

  • 血液関係の薬を服用している場合は、脱毛施術を断られるのが普通
  • 服用薬のみならず、常用している塗り薬についてもしっかりカウンセリングで相談すること
  • 最終的には、主治医の意見を尊重すべき


特集記事
口まわり
男の厳選脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る

-ビゲ, 脱毛
-, , ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.