ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

クリニック ビゲ 痛み 脱毛

なぜヒゲ脱毛しちゃったの!先人の失敗から学ぶ脱毛対策

【体験】なぜヒゲ脱毛しちゃったの!

毎朝のうっとうしいヒゲ剃りからオサラバ、ヒゲ脱毛ってヒゲの濃い男子には救世主にも思える手段です。でも、ヒゲ脱毛してホントに後悔してないのかといえばウソになります。

ヒゲ脱毛して後悔する男ってどうなの?

ヒゲ人前に出るとき、キタナらしくヒゲをはやしてぺちゃくちゃ話すだけで、出会いやビジネスチャンスを失いがちです。それが意識されてか、ヒゲ脱毛を行う男性は増加中らしいです。特に濃すぎるヒゲや青ヒゲのおかけで、第一印象で与えてしまう不潔感は呪いたくなるコンプレックスでした。 脱毛ツールは通販などでいくつも売られていますが、今ひとつ効果が不明なことと、肌や健康に与える影響など、気になることもたくさんありました。結局、購入はしてみるものの、継続はせず、一週間を待たずにヒゲは元にもどるの繰り返しでした。

脱毛技術の進歩は濃いヒゲ・体毛で悩む男性にとっては歓迎するところです。今では、濃いヒゲ・体毛の男性でも安全にキレイに脱毛することが可能になっています。でも、実際に脱毛してみて後悔はないのかといわれると、ありますと答えざるをえません。残念ですが、脱毛にはいいことばかりではありません

いい面は各クリニックや各サロンのサイトを見ていただくとして、ここでは後悔したポイントを見ていきたいと思います。 後悔先に立たずというタイプの人は、よく見るパンフレットのお手軽文句と施術写真から、マッサージ感覚であまく考えてしまいヒゲ・体毛脱毛を即決しがちです。ヒゲ脱毛で大きな後悔を残さないように、先輩達の失敗例をあらかじめ知識として入れ、自分らしいヒゲ・脱毛ライフに活かしましょう。

自分の肌の状態をわかっていなかったトラブル

肌トラブル濃いヒゲや体毛が自然に生えているのに、それをレーザー等で「取り去る(実際には毛根まわりを焼く)」わけですから、人体の生理的行為と裏腹なことをするわけです。この際、肌が弱かったり、敏感だったりすると肌が荒れたり、黒ずみが生じてしまうケースもありえます。

医療行為の場合は、トラブルが起こることをあらかじめ想定して、それにどう適切に対処対応するかがスタッフにまで行き届いている必要があります。そのため、自分の肌の状態をしっかり調べてくれない、アドバイスしてくれない、肌トラブルを想定していないクリニックなどは利用してはいけません。もちろん、万が一の肌トラブルの時、適切なケアを施してくれるクリニックを選ぶ必要があります。

荒れや黒ずみ等のトラブルについては、今の脱毛サロンや脱毛クリニックでは安全面に気をつけて、丁寧に施術してもらえることが殆どです。とは言え、中には衛生面や技術面で問題があるサロンやクリニックも一定数存在していますので注意が必要です。お金儲け優先で、お金が儲かるからと言う理由で皮膚科を開業したようなクリニックは、たかが内容もサービスも知れていますので避けるのが賢者の知恵です。

特集記事
Tokyo
東京でのヒゲ脱毛クリニックおさらい

東京でヒゲ脱毛をする場合は選択肢が多くて、迷う人も多いと思います。 ここでは有名どころのアピールポイントをおさらいしてお ...

続きを見る

脱毛してから、自分のひげ面が恋しくなってきた

恋しいヒゲ面あれほど悩みの種だった、無精青ヒゲヅラですが、後から恋しくなることがあるのです。というのも、ヒゲ脱毛してから自分の顔が若返ってしまい、肌ケアも始めたので張りが出てきて、ホントはイイずくめのはずなのですが、その反面、顔のボリュームに物足りなさを感じることがあるのです。ふとしたことで前の面が恋しくなることがあるのです。特に、昔の友人と会った時、同年齢にみてもらえず会食の際など、店員の対応が違って自分への配膳がいつも後回しの後輩扱いされたりすることがあります。

また、男らしさ、野蛮さが好きな女性、普段の女友達との距離に変化が生じた気もします。ヒゲがガツガツに生えていたときはある意味、ヤケクソの諦めモードで人付き合いをしていましたが、抜毛してからは些細なことに気を配るようになったのか、人にどう見られているのかは敏感になった気がします。顔の印象が変って、自分の性格にも変化が生じたのか、ヒゲ面の無頓着のままの方が、気が楽だったのではと思うことはあります。

その一方で、今のツルツルの顎に少しでも毛が生えてこようがものなら、すぐさま脱毛予約を入れるという矛盾した行動をとってしまいます。いうなれば、脱毛した顔が好きだけれども、少しは毛の生えた部分があってもイイという気持ちが交錯し共存しています。これからヒゲ・体毛脱毛を考えている人は、脱毛を行わない部分、減毛をする程度に抑える部分、やっぱり少しは残しておきたいという部分を明確にしておくことが大切です。顔の毛は眉毛以外はすべてムダ毛と思い込まずに、自分の顔のデザインをしっかり冷静に考えてみましょう。

永久脱毛というのは、厳密には永久ではないことが多いのですが、うまくいけば長い年月にわたって濃い毛とはオサラバできます(産毛程度は生えます)。アゴヒゲを少し残しておけばよかった、口ヒゲが少しあった方が貫禄が出るなど、人それぞれ思いがあるはずですので、何も考えずにツルツル顔一直線に走るのは禁物です。残す部分の毛とその量は、冷静に判断しましょう

ヒゲ面のおかげで顔を覚えてもらっていた?

逆説的ですが、ヒゲ面のおかげで人に顔を覚えてもらっていたことがよくあります。ホテルで忘れ物をしても、あのヒゲの人などと言われて届けてももらえたりしたこともあります。過去に一度しか行ったことのない店に閉店間際に滑り込んでも、なぜか顔を覚えてもらっていて常連扱いされた経験もあります。

ローランドビューティーラウンジ

意外とビジネス、人間関係でヒゲが役に立っているケースがありますので、ヒゲをまるっきり完全脱毛してしまうのは「少し待て!」と思いとどまるべきでしょう。もし汚い感じのヒゲ面の印象を与えていたとしたら、こちらはマイナスイメージですので改善する必要がありますが、いい感じでプラスイメージを与えているのなら、ヒゲ脱毛は完全脱毛というより、減毛などを合わせたメンテナンスを中心に計画するべきです。

特集記事
口まわり
男の厳選ヒゲ脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る

女性からの評価が分かれてしまう

ヒゲ脱毛を考える男は、彼女や意中の人に評判が悪いから決意するという人もいるはずです。ところが女性の言葉というのは裏腹なものです。食事を一緒にした際にコーンスープがヒゲについたのを見られて、嫌な顔をされたとか、肌を触られて手がチクチクすると嫌みのようなコトを言われたりとか、いろいろ気になることがあると思います。このことは必ずしもヒゲが物理的に嫌いなワケではないことに気づいておくことです。

ヒゲ面であっても、手入れをこまめに(一日三回朝・昼・晩)していれば、この多くの問題は生じません。スープやカプチーノの泡がヒゲに付着しても、丁寧に手入れされたヒゲであれば汚く見えることはないはずです。 逆に手入れを怠ったヒゲ面は、異性のみならず同性からの評判も最悪で、野生動物のごとく言われてしまいかねません。性格的に手入れに無頓着な方は、ヒゲどうのこうのではなく、その性格、習慣が女性を遠ざけている可能性大です。女性でヒゲが大好きな人は少なくありません。ただし、あくまで手入れされたヒゲで、生やしっぱなしの汚らしいヒゲ面ではないはずです。セックスアピールよろし、男っぽさの表れるヒゲではありますが、手入れは髪の毛以上に頻繁に入念に行う必要があることは肝に銘じておきましょう。

ローランドビューティーラウンジ

ヒゲを剃って青くなる方は、さらに入念な手入れをする必要があります。スキンケアのならず、男性用化粧品なども積極的に活用して青く見えないように工夫しましょう。怠ると、ノーマルなのに「モーホ」とか「アオヒゲ」とかあだ名されてしまう事がありますので、清潔感だけは忘れないようにいつも整えましょう。

体毛とのアンバランスさが許せない?

ヒゲが単に濃いだけで悩む人は、ホントのところいくらでも対策はあって、脱毛だけが解決策ではありません。まずいのが水着になったときに、顔はツルツルにキレイにしているのに、胸毛からすね毛までもじゃもじゃのジャングル化している身体の方は、しっかり手入れを行わないと他人に不潔感を与えてしまいます。日本人女性の多くは、生えすぎた胸毛には抵抗感を持つ人が多いという点は覚えておきましょう。逆に西欧人の場合は、オトコは金髪の胸毛があってナンボという価値観があったりしますので、西欧アピールしたい方は、脱毛より脱色した方が良いかもしれません。

東京イセアクリニック

原則としては、顔はツルツルなのに、首から下の毛が濃すぎる方はムダ毛処理して顔に合わせてやるほうが、見栄えは良くなります。体毛をすべて脱毛する必要はありません。薄くするだけでメンテナンスも楽になり、なにより清潔感が増します。自分の体毛の具合によって、ヒゲをどこまで脱毛するのがよいかを検討することも必要です。

ある程度のワイルドさを残したヒゲにする?

完全永久脱毛してアイドル級の美少年、美青年(別に美中年や美老人でも良い)のツルツル肌の顔を目指すのも悪くありませんが、部分的に少しヒゲを残してデザイン脱毛することも、最近のオシャレ族には流行しています。また、青ヒゲにならないように、部分的に脱毛処理をする無精ヒゲ風デザインでワイルドさを残すのも定番です。 眉毛以外を完全に脱毛してしまうと、どうしても顔が若くなってしまい、パートナーからは頼りなく感じることがあるようです。脱毛を決意する前に、恋人、配偶者、その他諸々の意見を聞いたり調べておくことも大切です。

ローランドビューティーラウンジ

自分の好み、都合だけで完全脱毛してしまうと、パートナーに浮気されるという悲惨な結果を生むかも知れません。パートナーが、案外男の体毛や無精ヒゲに頼りがい、男っぽさを感じている場合は、残すヒゲをデザインして手入れを楽にする方向で考える方が利口だと思います。

自分のミスによる後悔?

サロンで永久脱毛を要求して断られたり、スタッフの腕が未熟でやけどしたなど、落ち度は相手側にあるようなケースに出会うことがあります。よくよく考えれば自分の不注意によるミスに含まれてしまう後悔があります。例えば、サロンとクリニックでは提供する技術もスタッフも異なります。下調べを怠ったために後悔して、結局余分なお金と時間を浪費するだけですので、クリニックを選ぶときも「何のために脱毛して、どのような効果が欲しい」ということを明確にしておくことが大切です。

特集記事
口まわり
男の厳選ヒゲ脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る

東京アールズクリニック

[トラブル編]ヒゲ脱毛は危険なのか?

ヒゲ脱毛をやってみたいけれど、やけどしたり皮膚が傷ついたりしないかと心配する人が多いと思います。ちまたにそれなりの脱毛経験者があふれない限り、その情報の中から正確なものを見つけづらく、完全に間違ったガセを真実として受け止めてしまっている人も多くいます。現在では、ネットで調べることができて、脱毛の危険性と安全性も科学的に検証できますので、代表的なものを見ていきましょう。

永久脱毛ってホントなの?

レビュー記事などに多く見られる「脱毛したけれど、またあとから次々生えてきた」というマイナス意見、これはよく検討してやる必要があります。脱毛に関する知識があれば、脱毛は一回限りでは終わらない、それなりの期間(長いと一年以上)が必要なことはすぐわかりますから、脱毛して数ヶ月もすれば、再び毛が生えてくるのは当然であることがわかります。

また、永久脱毛という意味は永遠に毛が生えてこないことを意味するわけではありません。さらに、脱毛をサロンで行うかクリニックで行うかによっても得られる効果が違います。

関連記事
クリニック
脱毛クリニックとサロンの違いを知っておこう!

脱毛方法はいくつか紹介しましたが、有資格者が行うものと誰でもできるものと区別されています。ここでは、その違いを抑えておき ...

続きを見る

追加費用ばかりとられた?

追加費用ヒゲ、体毛脱毛のマイナスレビューに多くみられるのが、初期料金に加え、多額の追加費用が発生したという体験レビューです。おそらく、脱毛一回1,000円などというキャンペーンで脱毛を始めた人が経験することです。例を挙げれば、顔脱毛一回1,000円などとなっていても、これはあくまで最初の一回限りであって、年間フリーパスのようなモノではないことは、脱毛の知識さえあれば常識的にわかるはずです。ということは、単なる集客広告の一端に過ぎないことも見抜けるはずです。 破格の脱毛キャンペーンはサロンに多いのですが、使用している機器がそれなりに高額であば、顔の脱毛が数万円で完了などの低金額設定をしてしまうと、すぐさま赤字に転落してしまいます。どのような機器を使用しているかも、あらかじめわかっていれば、金額が妥当かそうでないかの判断ぐらいは付くはずです。

このようなトラブル、思い違いに煩わされないように、キャンペーンの範囲はどこまでなのか、はじめの一回限りの料金なのか、何が安くなるのかをしっかり確認しておくことが大切です。キャンペーンをかける方の立場からいえば、法律違反にならない範囲で最大限の魅力的なキャッチコピーを使ってくるのは決まり切ったことです。永久脱毛と言っていないのに永久と誤解した、定額1万円ポッキリとあっても、脱毛範囲を記載していなければ追加料金の発生はあり得ることです。よく注意してキャッチコピーを読み解く必要があります。

脱毛を受ける側の常識として、どのくらいの金額が相場なのか知っておくことも大切です。クリニックとサロンの違いから生じる価格差も調べておくようにしましょう。そうすれば、あり得ない金額や、脱毛を始めてから全体でいくらかかるのか、感覚的にわかるようになります。

ヒゲ脱毛で副作用はあるのか、万が一の後遺症は?

ヒゲ脱毛は、脱毛サロンやクリニック(皮膚科)で行われるのが普通で、脱毛の看板を掲げているところはしっかりとしたスタッフを雇い、教育訓練しているのが大半です。それでも、誰でも完璧に脱毛処理をこなせて、どのような人にも成功させられるのかという点では、そう言い切れないのが正解です。レーザーを使用する脱毛は医療行為に当たるので、レーザーを皮膚に当てることによる副作用後遺症についても心配しておく必要があります。レーザーは皮膚を通して、毛根を狙い熱を与えて発毛を防ぐ目的で使用されますので、その過程で起こりえる副作用を見ておきましょう。

ニキビができた?これはいわゆる毛嚢炎!?

毛嚢炎レーザー脱毛施術を受けて数日すると、白いニキビに似たものができてしまうことがあります。これは、いわゆる毛嚢炎(もうのうえん)というものです。呼ばれるものなのですが、埋もれ毛という言葉を聞いた事はありませんか? 毛嚢炎とはその埋もれ毛の事なのですが、肌の表面に出ている毛を焼き殺した際に、まれに体の中に毛が埋もれてしまう事があります。その毛は外に出ようとするものの外に出られない状態となり、そこで毛根が炎症を起こす事で生じます。 またレーザーを当てた際に、毛根部分のバリア機能が低下するため、それに疲れがプラスされたりすれば、細菌に感染し炎症を起こすのも毛嚢炎の原因と言われています。毛嚢炎は元々肌のバリア機能が弱い乾燥肌の人がなりやすいため、しっかりとした保湿をする事が大切です。

レーザーで火傷した!?

レーザーはムダ毛の毛根部分を熱で焼くわけですから、ある意味毛根およびその周辺部分をわざと火傷させているわけです。当然、皮膚も多少赤く腫れるのですが、これはすぐに回復するので、この程度のことを火傷とは騒ぎません。それが、狙った部分にとどまらず、皮膚の表面にまで過大な熱を与えてしまい、水ぶくれができて痛むほどの火傷に至ってしまう事があります。レーザー脱毛の時は、脱毛部位と皮膚の状態を考慮して照射レベルを調整しますので、レーザーで火傷するようなことは普通はありません。それでも、照射レベルを間違えたり、高くしすぎれば火傷するリスクは十分にあります。

火傷が起きやすい肌の状態は、日焼け肌と乾燥肌が一般的です。明らかに肌の状態が、そのような火傷のリスクがあるものであるにもかかわらず、カウンセリングで何も言われなかったようなケースや、それを質問したのに回答が不十分なクリニックやサロンは利用を控えるのが無難でしょう。クリニックの場合は医師が回答するはずですので、その内容が不明確なものであったり、納得できないものであれば、ブラックだと判断してください。

施術後にかゆくなってきた

敏感肌の人はレーザー照射後に皮膚が赤くなって、かゆみや炎症を引き起こすことがよくあります。かゆみは主に乾燥肌の場合に顕著です。しかし、それらのほとんどが一時的なもので、数日で収まります。もちろん、肌に水分を与え、保湿ケアを行う必要はあります。ケアをしているのにも関わらず、跡が残るなどの症状が現れたら、受けた所に相談しましょう。素人判断せずカウンセリング時に確認する事が大切です。

まとめ

男が脱毛を決意するときのまとめ

  • 自分の肌の状態(強さ・弱さ)を分かった上で脱毛を考える
  • ヒゲは(脱毛は)毛を残す部分をしっかり考えることがまず出始め
  • 脱毛後どのようななりたいか、どういう印象を他社に与えたいかをイメージして希望が伝わるクリニックやサロンを選ぶ
関連記事
口まわり
男の厳選ヒゲ脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る

-クリニック, ビゲ, 痛み, 脱毛
-, , , ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.