脂性

スキンケア ビゲ 脱毛

ヒゲ脱毛をすると脂性になる?

ヒゲ脱毛で脂っぽい肌になりえるのか?

ヒゲ脱毛を行って効果を体感してくると、今まであったヒゲがなくなってしまい皮膚の状態が変わってしまったと感じることがあります。つまり、乾燥肌になったり脂っぽい肌になることがあります。乾燥や皮脂の過剰分泌による脂っぽい肌は、脱毛後にアフターケアをこまめにして改善することができます。自分の肌の状態に合わせたスキンケアをすることで肌のトラブルをなくしていきましょう。

脂性(あぶらしょう)とは

通称、オイリー肌などと呼ばれる「皮脂の分泌が過剰になっている肌」を脂症といっています。テストステロン(男性ホルモンの一種)やアンドロゲン(ステロイドホルモンの一種)が、皮脂分泌の主な原因です。

脂性になってしまう理由は?

皮膚にはある程度は脂が必要ですので、まったく脂のない皮膚はよくありません。でも、ストレスや生活習慣、遺伝的要因、加齢などの影響で、皮脂の分泌が過剰になってしまい、脂性になってしまうと考えられています。脂性の肌だと、ニキビが出来やすくなり、毛穴に古くなった皮脂が詰まったままになりがちで、毛穴が開いた状態を続けてしまいます。その皮脂が酸化してしまうと、肌がくすみやすくなるため、何らかの対策はとるべきです。

皮膚の状態はヒゲ脱毛でどう変わる?

ヒゲ毛をした後は、一時的に肌のトラブルが生じたり皮膚の状態が変わることがあります。本来、皮膚には皮脂が分泌されることで、適度に潤いが保たれて肌を守る働きをしています。

皮脂を分泌する皮脂腺は毛穴の奥にあって、皮脂は毛を伝わって、皮膚の表面に出てきます。その効果だけに着目すると、脱毛で毛がなくなってしまうと皮脂が伝わりにくくなります。そのため、脱毛後は皮脂バランスが崩れやすくしばらく乾燥肌になりがちです。しかし、毛穴がなくなるわけではないので、しっかり皮脂は分泌され続けます。そして、元の肌の調子に戻るのが普通ですが、ストレスや生活習慣、遺伝的要因、加齢などの影響で、皮脂の絶対的に分泌量が増えれば、脂っぽい肌になることもあります。

乾燥肌と脂性肌の繋がりは?

肌は乾燥させてしまうと、肌を守るバリア機能が低下してしまい外部からのダメージを受けやすくなります。その場合、肌はそのダメージから守るために皮脂を分泌し始めます。しかし、もともと皮脂が足りていない体質の方は、身体は頑張ってもっと皮脂を分泌しよう、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうこともあるのです。逆を言えば、脂っぽい脂性の肌は、もともと肌が乾燥肌であるという疑いもあるのです。

皮膚はヒゲがなくなったことで一時的に皮脂の分泌バランスが崩れやすくなりますが、自分の肌に合わせたスキンケアを行うことで、乾燥肌にもならず脂性の肌にもならないようにきれいな肌を保つことが可能です。

脂っぽい肌を改善するスキンケア方法

脂っぽい肌を改善しようとして顔を洗ってばかりいると、皮膚はその油分を補おうとします。つまり、皮脂の過剰分泌を促してしまうので、肌の状態は悪化するリスクがあります。脂性の肌はもともとの皮膚の乾燥が原因であるケースに注目しましょう。油分を飛ばす洗顔でなく、適度な湯ヴンを残した洗顔と保湿がポイントです。特にヒゲ脱毛後は肌が敏感になっているので、保湿をしっかり行って、肌のバリア機能を高めてやるのがケアのコツです。それだけでニキビや肌荒れのリスクが激減します。

ヒゲ脱毛によって皮膚の状態が一時的に変わることがあっても、しっかりケアを行うことで十分に対応できます。季節によっても、肌の乾燥具合は変わりますのて、しっかりケアをしましょう。


-スキンケア, ビゲ, , 脱毛
-, , , ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2020 All Rights Reserved.