ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

ビゲ 脱毛

ヒゲ脱毛する前はお酒は控えるべき?

ヒゲ脱毛を受ける前日に飲酒してもいい?

脱毛施術を受ける前の日には、やらないでくださいという事項(禁止事項)がいくつか存在します。その1つにアルコールの摂取は禁止というものがあって、アルコールと脱毛の関係について見ていきましょう。

脱毛施術の前日にお酒を控えるといい理由!

前日に飲んだお酒は、自分が意識しているかどうかにかかわらず翌日まで残ることが多いものです。飲酒により、全身の血行が良くなり、体温が上昇し、汗もかきやすくなります。その結果、肌に赤みとかゆみや出たり、刺激により湿疹が出ることもあります。このような状態が一つでも起こっていれば、レーザー脱毛により、細かい内出血や、赤み、炎症など肌にダメージが出るリスクが高まるわけです。
また、お酒は体内の水分を奪うので、肌が乾燥してしまうことがあります。乾燥してしまうと、肌の手入れが困難ですので、トラブルのリスクを高めてしまっていることになります。

センセェ
センセェ
お酒の分解速度には個人差が大きく出ます。ビールビン一本を飲み干したときは、一般的にはおおよそ2~3時間で分解されるとされます。ただし、人によってはこの数倍必要な人もいますので、数時間前の飲酒を避けるだけでなく、前日のお酒そのものを避けて置く方が、脱毛にはプラスになるわけです。

大切なのは肌を守ること

自分は肌に自信がある、というような人でも小さい赤い斑点が出てかゆみが起こる事もあるので飲酒はしない方が良いでしょう。どうしても付き合いで飲まなければならない場合は、アルコール度数の少ないものを飲み、帰ってから水などをしっかりと飲んで早く休息する、もしくはノンアルコールのお酒にしておく等のコントロールが必要です。

脱毛施術後のお酒は許される?

前日はお酒は飲まない、脱毛施術が終わったので、その日に飲みに行っていいのかと考えるのですが、原則飲むべきではないと心得ておきましょう。脱毛当日に気をつけるべきは、体を温めてしまう事です。熱いお湯の風呂、サウナ、激しい汗をかくスポーツも、血行を促進して体温を上げてしまうので、避けるべきです。もちろん、飲酒も同様の効果がありますので避けるべきです。もし、不用意に体温を上げてしまうと、施術部位の赤みやかゆみの原因となりますので、施術前後、まるまる1日は飲酒は避けるのが正しい認識です。

レーザーで肌は少なからずダメージを受けている

つまるところ、飲酒のみならず、脱毛施術前後は体の血行を不用意に良くしてしまうことは避けるべきことということになります。それ以外にも、肌に刺激を与えてしまうことは脱毛前後は避けておくのが無難です。

脱毛施術後は、肌が少し火照った状態になります。軽い火傷状態と表現すべきかもしれませんが、肌には少なからずダメージが生じています。そのような場合、もなるべく日焼け対策をして肌を保護するように心がけましょう。ヒゲ脱毛の場合は、マスクを着用するだけでも大きく効果が望めます。脱毛後はできるかぎり紫外線を浴びないよう、男性であっても注意してください。

都市伝説?ヒゲの濃さとアルコールの関係性は?

都市伝説的な話として、アルコール好きな人はヒゲが濃いというものがあります。この話そのものは都市伝説のようなものですが、無理矢理こじつけると、飲酒により血行が良くなる、その血行が毛根がを刺激する、ヒゲが伸びやすくなるということなのかもしれません。もちろん良くなった血行は、毛根のみを刺激するわけではないので、こじつけ感は残りますね。

脱毛中は禁酒すべきと言っても、施術の前後だけですので、最大で2日です。脱毛で不用意な肌トラブルを引き起こさないためにも、それぐらいは禁酒して臨みましょう。

オトコの根こそぎレーザー脱毛

まとめ

ヒゲ脱毛と飲酒のまとめ

  • 脱毛施術の前日はアルコールは控えよう
  • 脱毛施術の1日はアルコールは控えよう
  • 脱毛施術後は不用意に体温を上げないように気をつけよう


特集記事
口まわり
男の厳選脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る

-ビゲ, 脱毛
-, ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.