ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

ビゲ 脱毛

ヒゲ脱毛と紫外線対策の重要性

投稿日:

脱毛と紫外線対策の必要性とは?

レーザー脱毛施術を受ける場合に、施術を受けるものが責任をもたなければないないことがあります。例を挙げれば、施術の前に毛抜きで毛を抜いてしまうと、毛根の黒い部分を取り除いてしまうので、レーザーがきかなくなってしまいます。この例では、施術を受ける人は毛を抜かずに剃毛してクリニックやサロンに行く責任があります。この例は積極的な責任ですが、消極的な責任として「日焼けを避けること」というものがあります。

なぜ日焼け肌に脱毛する事が出来ない理由

日焼けをした肌に脱毛が出来ない理由としては大きく分けると2つあります。

[理由1]日焼け肌で増加したメラニン部分がやけどを引き起こす

理由の1つ目として、日焼けをすれば、肌の表面にメラニンが増加してしまいます。つまり、肌が黒くなるわけですが、本来の肌の色ならレーザーが反応しないにも関わらず、肌を黒くしてしまったおかげで肌全体がレーザーに反応してしまうリスクが増えます。黒い毛根をレーザーで焼くのと同時に、黒っぽくなった肌も焼いてしまうということになります。これは毛が無い肌にまで不要な刺激を入れてしまうことになり、痛みが増す、肌を痛めてしまうということになるわけです。その結果肌荒れが生じるリスクが増大してしまうわけです。

[理由2]水分を失い乾燥肌がさらなるトラブルを引き起こすリスク

理由の2つ目として、日焼け肌になるプロセスの中で、紫外線を浴びると肌は水分を奪い取られてしまいます。その結果、乾燥肌になってしまうのです。本質的に肌は、外界からの異物の侵入や攻撃から身体を守るという機能があります。さらに、体内から水分が蒸散するのを防ぐというバリアの役割も持っています。

そのバリア機能が、日焼により水分を失った肌には、そのバリア機能が大きく低下してしまい、保湿機能が十分に働きません。その状態では、レーザー照射の刺激で、肌に赤みや炎症、毛嚢炎などを引き起こしてしまうリスクが増大します。このリスクを甘受してまでレーザー照射をする必要性はないため、日焼けを理由にレーザー脱毛を断らるクリニックも珍しくありません。

脱毛中にできる紫外線防止対策は何か?

脱毛施術を受ける前と後は、紫外線防止対策が欠かせません。施術前日までには、肌の状態が完全に回復しているのが好ましく、肌の色も本来の色に戻っていればベストです。まずは、誰にでもできる紫外線対策は日焼け止めを塗る事です。また直射日光下での歩行や作業はできる限り避けるといった気配りも必要になってきます。野外での作業、労働、バイトなどの時は、ヒゲ脱毛に無関係ある顔はネック・フェイスカバーやマスクで保護する、同時に日焼け止めも併用するなどの対策を怠らないようにします。日焼け止めはこまめに塗り直すと効果的です。

男性用の日焼け止めより、赤ちゃんでも使えるような肌に優しいタイプを、こまめに塗りなおしながら使うのがお勧めです。ネック・フェイスカバーや帽子も併用しましょう。

日焼けから逃れられない仕事の人はどうすればいい?

お巡りさんなど、仕事の都合上、日焼けからは逃れられない人は日焼け止めをこまめに塗っても、日焼けしてしまう職業の人もいます。また、大会制覇を狙うプロスポーツ選手も、日焼け止めだけで紫外線対策が完全とは言えないと思います。そのような男性には、日焼けをしていても照射ができるレーザー機器を使っているクリニックなどを利用しましょう。

例えば、メラニンに反応しにくいヤグレーザーや、発毛因子に働きかけるメディオスターを利用するのも一つの解決策です。ヤグレーザーの長い波長のレーザーは、少し痛むのでメディオスターの方が利用しやすいかもしれません。

日焼け肌は男らしく、ワイルドな感じに演出できて異性にアピールできますので、ついつい無肌を焼きたくなる男性は多いはずです。でも、脱毛中は遠慮して、脱毛の副作用にならないよう自分を気遣ってやることが大切です。特にヒゲ脱毛中には紫外線対策は必須であることは肝に銘じておきましょう。


メディエススキンクリニック

まとめ

ヒゲ脱毛と紫外線対策のまとめ

  • 肌に優しい日焼け止めを利用する
  • マスクや帽子も紫外線を防ぐ優れたアイテム
  • メディオスターなど日焼け肌にも使える機器を選ぶのも解決策

特集記事
口まわり
男の厳選脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る


-ビゲ, 脱毛
-, ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.