ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

ビゲ 脱毛

小中学生のヒゲ脱毛は問題があるのか?受ける場合の注意点は?

男子の場合、小学生の高学年からヒゲが生えてきますが、まだ薄らな子とすでに濃い子、まだまだまばらです。
また、女子であっても薄らとヒゲが生えてくることがあります。どう対処していくべきでしょうか。

小中学生のヒゲ脱毛はアリなのか?受ける場合の注意点?

小中学生ですでにヒゲが濃い人は、ヒゲ脱毛を受けるべきでしょうか、それとも受けない方がいいのでしょうか。受けるとしたら注意点はあるでしょうか。一つ一つ見ていきましょう。

小中学生の肌は荒れやすい?

ヒゲ脱毛はレーザーを皮膚に当てるので、成人男性であっても施術後に肌が荒れてしまうことがあります。まだ子供(小学生)の場合、大人より皮膚が薄く弱いのでわざわざレーザーを当てる必要はあるのか考える必要があります。明らかに、まだ十分に成長していない子供(小学生)にレーザー脱毛施術を行うと、肌荒れのリスクは脱毛高くなると考えておくべきでしょう。一方で、コントロールされたレーザーを使うので、あれたところで、子供はすぐに回復できるのに、なぜ肌荒ればかり言うのか疑問を持つ人も多いと思います。

小学生にも、レーザー脱毛施術を行うことは可能ですが、積極的に行うようなクリニックやサロンはありません。理由は色々ありますが、ヒゲを脱毛するためにレーザー照射をして、その後保湿クリームなどのメンテをしっかり行うとしても、翌日学校に通うような場合は、効果的な肌保護が保証できない、という理由があります。ヒゲが生えてくるということ自体は、病気でも何でもなく、ビケ脱毛は治療でも何でもありません。いわば、自分の都合のためにクリニックに行って、翌日学校を休んだり、肌をいたわるためにフルマスクで通学、このまま授業を受けるなどしたら、学校の中で問題になるとリスクもあります。

わざわざ小中学生がヒゲ脱毛する必要はない!

肌荒れのリスクは表向きで、わざわざヒゲ脱毛を10歳前後の子供に行う必要がないといえるのは、まだ判断すべき時ではないからです。この時期にヒゲが生えるのは、男子であっても女子であってもホルモンバランスの影響なので、あまり気にする必要はないからです。ホルモンパランスが安定すれば、女子の場合はムダ毛が薄くなり、男子は濃くなってきます。

小中学生でヒゲが生えて、毎朝ヒゲ剃りのお世話になる子もいるにはいますが、このホルモンバランスが安定しているとはいえない年代に、わざわざレーザー脱毛を行う必要はないといえます。子供にヒゲ脱毛を行う場合、肌荒れのリスクもありますが、子供の場合回復力が強く、クリニックで行うコントロールされたレーザー施術なら問題なくできるはずなのに、やらないのはこのホルモンバランスの安定を待つという意味合いも大きいのです。

わざわざ小中学生に脱毛をお勧めしない理由は?

結論から言えば、本人が濃すぎでイジメられる、先生にまで何か言われるなどメンタルにまで甚大に被害が及ばない限りは、電気シェーバー(できれば女性用)を利用して処理していれば大丈夫です。

理由1 施術回数が増えてしまう

レーザー脱毛は、毛の一本一本の毛周期を考えて、複数回、長期間かけて脱毛を完成させます。年齢が10歳前後の子供の毛周期が安定しているわけではないので、成人男性に行うような脱毛スケジュールが立てにくいのです。ズバリ行ってしまえば、子供に脱毛施術を行う場合は、成長の関係でどうしても大人より回数が増えます。

理由2 あとから変わらない毛が生えてくることがある

まだ、成長している子供にレーザー脱毛を施術した場合、施術後かなりあとになってムダ毛が生えてくる確率は大人より高くなります。当然と言えば当然なのですが、成長している段階で脱毛施術しているわけですから、これから成長するところには施術の効果が及びません。クリニック側はしっかりと施術しているのに、効果がないと言われてしまうリスクがあるわけで、このことも10歳前後の子供に施術を積極的に行わない理由といえます。

厳密には個人差が大きい

子供の場合、成長具合、ホルモンバランスの安定具合は個人差が大きいので、小学生なのに大人と同じヒゲの濃さがあるなど、脱毛処理した方が良いと思えるケースもあるにはあります。

子供でもヒゲ脱毛をすることは不可能ではありません。しかし、上のリスク(肌荒れ、結局ムダ毛がまた生えてくるなど)を理解した上なら、保護者同意の下で施術を行ってくれるクリニック(あるいはサロン)はあります。子供本人が相談できればいいのですが、残念ながら保護者同伴でなければカウンセリング自体してくれないところが多いと思いますので、ホームページ等で事前に必ず確認しておきましょう。

いくつぐらいから脱毛を始められるのか?

まず、大原則があります。誤解されると困るので、今さらですが、レーザー脱毛(治療)に年齢制限はありませんので、10代であっても、本人の強い要望を前提として、成長期の脱毛効果が一定とはいえないこと、その他のリスクを理解した上であれば、レーザー脱毛はできます。ただし、クリニックやサロンがそれを行うかどうかは別問題です。

つまり、いつからでも脱毛は始めることができますが、大人と変わらない効果が期待できるのはホルモンバランスが安定してからです。具体的には高校生以上なら、効果が期待できますが、よほどヒゲが濃くて高校生活がまともに送れないぐらいの悩みでなければ、大学生(18歳頃)になってから始めて問題ありません。

修学旅行とか迫っているので、早めに始めたいけど・・・

最近のレーザー脱毛は始めてすぐに効果が出るタイプのものではありません。修学旅行の2、3日程度の期間であれば、カミソリで剃っておけば大丈夫です。青ヒゲになり始めているなど、大人と変わらない悩みに発展している場合は、まずカウンセリングを受けるのが先決です。修学旅行にわざわざターゲットを絞る必要はないと思います。大学生デビューあるいは18歳デビューを待つのも手です。

メンズ医療脱毛

関連記事
口まわり
男の厳選脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る


まとめ

  • レーザー脱毛に年齢制限はない
  • 成長期の子供には、レーザー脱毛の効果が一定とはいえない
  • 施術時の痛みなど、その他了解事項は子供でも大人も納得する必要あり
  • 脱毛しなしなら電気シェーバーで処理すべし

Dr.コバ

-ビゲ, 脱毛
-, ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.