ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

遺伝

ビゲ 生活習慣 脱毛

ヒゲの濃さと遺伝の関係は?

ヒゲが濃い男性は、その家系にヒゲの濃い人が多いといわれます。つまり、ヒゲの濃さは生まれつき遺伝してしまうということがわかるのですが、それだけで納得して終わりというのはあまりにも寂しいです。ここでは、もう少し深入りしてみましょう。

ヒゲの太さ、黒さは遺伝する

この文脈で遺伝と聞くと、マイナスの印象を持つかも知れませんが、一方的にマイナス面ばかりを受け継ぐわけではありません。少なからず、プラスの面もあります。

ヒゲの濃さの遺伝は避けられない

残念ながら、ヒゲの濃い薄いはほとんどが遺伝的要素に左右されています。医学的見地からは、遺伝的要素の影響の強さは確実視されていて、ひっくり返される可能性はまず無いと思われます。
しかし、学術的見地から決着済みなことは「ヒゲの太さ、黒さは遺伝する」という事実だけであって、「どれだけ遺伝するか」という最も重大な点については未決着のままです。つまり、遺伝的要素が90%なのか、10%なのかはまだ論争の最中です。

ただ、10%だったとしてもその影響か強く出ることは、疫学的に間違いないと言えそうです。

ヒゲの濃さの遺伝の親元は

ヒゲの濃さが遺伝すると言うことはわかったにせよ、ヒゲそのものがそのままの形で遺伝するのかどうかについても、現実問題ほぼ遺伝すると考えて間違いなさそうです。

また、ヒゲの濃さに影響を与えるとされる、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量そのものが遺伝するとされるので、男性ホルモンの強い親からは、そのまま受け継ぐ可能性が高いと言うことになります。
遺伝的に受け継ぐとされるのは、後々、自然に増えたり減ったりすることは無いとされているからです。つまり、ヒゲの濃さが自然に薄くなるようなことは望めない(加齢による白髪などを除く)という現実問題にぶちあたります。

現在はヒゲがまだ濃くない人でも、祖父や親のヒゲが濃い場合は、そのうちに濃くなる可能性が十分にあるわけです。また、父親のヒゲは濃くないけど、祖父のヒゲは濃い、親の兄弟のヒゲが濃いような場合も、遺伝的影響が後々出ることも考えられます。逆に、自分は問題無いけれど次の世代には影響が出ると言うこともあり得ます。

男性ホルモンならコントロールできそうだけど

徹夜や、睡眠不足を避け、食生活をバランスよくすれば、男性ホルモンの過剰分泌を抑えられることは事実です。しかし、分泌量そのものが遺伝と言うことは、過剰でなくてもヒゲの薄い人より分泌量が多いと言うことですから、ヒゲが最高に濃くならないことは抑えられても、濃さそのものは抑えられません

また、ホルモンの分泌量をこじらせてしまうと、ヒゲの濃さ以上によくない方向(女性っぽくなったりする方向)への影響が出ます。性転換などを本機で考える人は別ですが、男性ホルモン(テストステロン)のコントロールそのものは、ヒゲの濃さに悩む男にとって本当の解決策にはならないのです。

歳を重ねるとヒゲは濃くなる

男性のヒゲはおおよそ中学生ぐらいの年齢から、定年を迎える時期まで生え続けるというデータがあります。もちろん定年以降も生え続けますが、定年を向かえた後は、毎朝のヒゲ剃りを怠けがちになる、ヒゲが白髪化してしまったなどで、以前ほど生えなくなったと錯覚する人も多いわけです。

また、ヒゲは生え始めると、次第に濃くなっていきます。高校生の頃にすでにオヤジとして通じるヒゲの濃さを手に入れる人もいる一方、30代でもそんなに濃くならない人もいます。これが遺伝的要因だということは先ほど述べた通りです。ヒゲを剃るからヒゲが濃くなるなど、いろいろな理由で説明されますが、実際のところ悩む側の立場からすれば、解決策以外は何の役にも立ちません

ヒゲは抜いてはいけない、剃って処理しよう

若い人(中学生、高校生の頃)は、ヒゲを抜くときれいに処理できるという、的外れな都市伝説を密かに実行してしまう人がいますが、愚かすぎますやめましょう
ヒゲの下の毛乳頭は毛細血管と繋がっており、無理やり引き抜くと毛細血管が引きちぎることになります。引きちぎられた毛細血管は、再生されるときに少しずつ強固になるので、その部分の血管は太く強くなってしまうのです。その結果、次からは太くたくましいヒゲが生えてくるという、望まない結果を導くことになります。

若い人で、ヒゲの悩みがある人は、ヒゲは抜かずに剃って処理しましょう。よく切れるカミソリを使うことで、上手く処理できます。

本気でヒゲの悩みを解決したいなら、脱毛すべき

遺伝的要素とされるヒゲの濃さ、これが男性ホルモンの分泌量に関係しているとあれば、この分泌量減らすようなことをしないと解決はできません。しかも、それが自然にできるわけではなく、何らかの医学的療法が必要とし、しかも副作用がでるとあらば、簡単には手が出せないわけです。男性ホルモン過剰分泌を抑える生活を心がけても、よりヒゲが濃くならないように心がけているだけで、根本的なヒゲの濃さの悩みの解決にはなっていません

結論としては、ヒゲを薄くしたいのであれば、ヒゲを剃る以外には脱毛施術を受ける以外に、健全に処置できる手段がありません。ヒゲの濃い人には医療脱毛の方が効果的ですが、金銭的にも手を出しやすいサロンで体験脱毛するのも、自分のヒゲ処理の対策の一環としてお勧めできます。

ヒゲそのものは、すべて脱毛してしまう必要なく、残す部分をしっかり決めてデザイン性を持たせる脱毛も可能です。また、ヒゲは欲しいけど、濃すぎる硬いヒゲは不要という方は、減毛施術(全体の本数を減らす)も可能です。

本気なら、専門家の相談を受けよう

どのようなヒゲ脱毛が自分に向いているか、クリニックやサロンで施術を体験することができます。無料体験はあまりありませんが、大手のクリニックやサロンでは数千円で(サロンなら数百円で)一回の脱毛施術体験ができます。

例えば、メンズリゼの「大宮、柏、心斎橋、神戸三宮、京都四条、仙台、広島、福岡天神」院限定ですが、1回1部位2,980円で体験できます(初めて利用する人に限る)。

脱毛が自分に向かないと思えば、一回限りでやめればよく、相談料を支払ったと思っても高い金額ではないはずです。脱毛施術そのものより、具体的に専門家に相談することで、世の中の自分と同じ悩みを持つ男はこのようにして解決したなどの、具体的な生情報が手に入ることに意味があると思います。

ヒゲの濃さを遺伝的に受け継いでいるのはデメリットばかりではありません、むしろヒゲの悩みを解決するだけで他の分野では、オトコとして優れているメリットも発揮されるのです。

ローランドビューティーラウンジ

特集記事
口まわり
男の厳選脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る

まとめ

遺伝でヒゲのが濃い人の悩み解決のまとめ

  • ヒゲの濃さは遺伝の影響を受ける
  • 男性ホルモンの分泌量がヒゲの濃さに影響する
  • 男性ホルモンのコントロールは本質的解決にはならない
  • 最終的には脱毛以外に健全かつ効果的な解決策がない

-ビゲ, 生活習慣, 脱毛
-, , , , ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.