ヒゲ、ムダ毛を脱毛してキレイにカップルライフ!

シャン脱毛族

カウンセリング サロン トラブル ビゲ 料金 脱毛

ヒゲ脱毛サロンで被害やトラブルに合わない方法!

脱毛クリニックは医療機関としての厳しめの法拘束がありますが、それに比べて脱毛サロンは比較的柔軟です。そのため、モラルもピンキリというのがサロンの実情です。ここでは、悪質サロンの見分け方を見ていきましょう。

hang-up

ヒゲ脱毛サロンにも悪徳商法に染まる輩がいる

ヒゲ脱毛サロンによる被害とは?

ヒゲ脱毛を軽い気持ちで決意して、たまたま悪質サロンに行ってしまったというケース、そのサロンではどのような被害にあうものなのでしょうか。大方は金銭面でのトラブルになります。一部位の脱毛金額が、説明を受けた金額と大きく異なったとか、オプション脱毛をつけると金額が大きく跳ね上がったとか、支払金額に影響するものがほぼすべてと言うことになります。レアなケースですが、肌のトラブルを引き起こしてしまったというものもあります。

一方で、脱毛を受ける側のエラーというのもあり得ます。しっかり説明しているのに、思い込みが強すぎて全く理解していなかったなどのケースです。いずれにせよ、お金を払う方がトラブルだと感じてしまう場合は、たとえこちらが(不注意などで)悪くても相手側に責があるとして、話を進めます。トラブルを避けることさえできれば、どちらが悪いとかは結果的に問題にはなりません。

悪質なヒゲ脱毛サロンでトラブルに遭わないために、そのような業者がよく用いる方法、その特徴についてみていきましょう。

悪質ヒゲ脱毛サロンにみられる特徴

多くのヒゲ脱毛サロンでは、脱毛をする前に無料のカウンセリングを受けることができます。カウンセリングでは、どのような方法でヒゲ脱毛(脱毛方法・プロセス)を行うのか、見積もり費用、施術前、施術中や施術後の注意点などの丁寧な説明がされるのと同時に、本人の希望も聞いてもらえます。

そのカウンセリングを受けた後、脱毛をそのサロンで行うかどうかは本人次第なのですが、悪質脱毛サロンの特徴として、カウンセリングの時点、とくに終了点で脱毛を当店で行うよう強引な圧力をかけてきます。

悪質サロン多くの場合、カウンセラーにノルマが課せられていることが多く、脱毛契約を取ることがメインになっているので、カウンセリングで本人のヒゲの悩みについて聞くことはないがしろにされがちになるのです。特に、金銭面、本日中に契約したらさらに割引きするなど、即断を強引に求めたり強引な勧誘ばかりすると感じるサロンには注意が必要です。

カウンセリングルームが窮屈で狭いところは要注意

都会の地価の高い場所など、やむを得ない事情があることも多いのですが、比較的地価の安い場所で、カウンセリングルームが小さく、狭く、窮屈なサロンは要注意です。サロンなどの企業理念にも関わりますが、サロンと顧客がまず対面するカウンセリングルームに嫌な雰囲気が漂う場合は、まともでないことが多いです。

優良なところは、たとえ部屋が物理的に狭くても、狭く見えないように工夫したり、悪い印象を持たれないような工夫がなされています。その工夫すらないサロンは、経営的にすでに問題を抱えているか、仕事を誤解しているなどの悪い方の面が表れていると判断して良いと思います。カウンセリングルームには行って「ちょっとヤバイな」と感じたら、早々に切り上げましょう。

曖昧な説明に終始するサロンは要注意

悪質サロンは、カウンセリングでシステムの説明やヒゲ脱毛の相談を求めても、答えが曖昧になります。曖昧な答えしか返ってこないから、その答えを都合良く受け止め、後からトラブルになるというケースが大半だからです。特に金銭面で曖昧な答え、青天井な価格設定(~円以上など)しか答えないサロンは注意しましょう。
さらに脱毛方法に関する詳しい説明もされない場合は、そのサロンは選んではいけません。中には「聞かれなかったら説明しなかった」などと答えるサロンの場合は、経営理念そのものに問題があると判断できますので、関わらない方が無難です。

脱毛料金に合計いくら必要なのか、その料金こそが施術を受ける側の最大の関心事であることが多く、そこを曖昧にする業者は何らかの悪意や隠し事があると判断するのが普通です。しかし、脱毛のことばかりに心を奪われたり、思い込んだら突っ込んで行ってしまう性格の人は、カウンセリングルームの中で正しい判断をできないことがありますから、要注意です。

ほとんどのサロンやクリニックは明朗会計をモットーとしています。くどいようですが、料金面をぼかす業者はこの世界では眉唾です。

金銭面以外でも、脱毛に関する質問してもいぶかしくされたり、はぐらかす態度をとるサロンは、避けるのが定石です。普通の判断能力の場合は、確実に本能的に避けることができるトラブルですが、カウンセリングルームの中で押し切られたりすることもあり得ます。冷静な判断は常に心がけましょう。

ヨイコ
ヨイコ

明らかにこちら側(施術を受ける側)が悪い例として、女性カウンセラーにセクハラしたり、個人的な連絡方法をしつこく尋ねたりする場合は、いぶかしくされて当然ですので相手の責任にしてはいけません。また、美人女性カウンセラー目当てにカウンセリングを受けるなども、営業妨害として訴えられかねませんので注意ですよ。

例外的に、サロンのスタッフの個人的な資質であるケースもあります。サロン側が本来雇うべきでない人材を雇ってしまったというケースです。有名どころのサロンで評判もいいのに、実際に店舗に行ってみると良くなかったというケースは、念のため別の店舗(支店など)で再度カウンセリングを受けてみると良いかも知れません。それが単に「相性」という問題で片づけられることもあります。

脱毛サロンの商売の原則として、ワガママな顧客であっても最善を尽くすのが当然の原則ですので、よほどこちら側が迷惑行為でも行わない限り、常識的な対応をしてくれるはずです。その常識的な対応が極めて不快に感じたのであれば、そのサロンは潜在的に相性が悪いと判断できますので、選ばないことをオススメします。ある人にとっては評判の良いサロンやカウンセラーだったとしても、自分にはくどくて口うるさいサロンやカウンセラーに感じる場合は、やはり相性に問題があると判断して良いと思います。

悪質サロンでどんな被害にあうのか

先ほどと重複しますが、被害の大半は金銭面です。この金銭面には、こちら側(施術を受ける側)がしっかり説明を聞いていなかった、説明の意味がわからなかったために後からトラブルになったというケースもあります。金銭面の中身は、予定していた金額より大幅に増額されて請求されたというケースになり、予定した金額より安く上がったというケースはまずありません。

金銭面以外では、皮膚に対する事故があります。サロンでヒゲ脱毛をする場合は、光脱毛やフラッシュ脱毛が一般的です。普通は出力を低く抑えるので、事故にはならないのですが、スタッフのミスで出力を上げた場合は皮膚に火傷事故を起こすことがあります。

悪質サロンでは、出力をどう決めるかなどはスタッフ次第なところがあり、十分にトレーニングを受けていない未熟者や、職業人として欠陥がある場合は丁寧な施術がなされないことがあります。経験のみならず、脱毛に関する知識のないエステティシャンは本来脱毛施術に携わるべきではないのですが、エステサロンの場合は厳格な資格所持を要件にされていないので、このようなことがあり得るのです。

脱毛後も丁寧なアフターケアがされるかどうかを調べておくことも重要です。力を入れているサロンは、この点は抜かりなく自信を持って具体的に説明するので、質問してみるだけでも判断できます。具体的というのは、かつてどのような対応をしたか、現在どのように対応しているかなどについて、例えば、脱毛施術前に、脱毛パッチテストを行って肌のトラブル防止に努めているなど、回答が明確であれば問題なしと判断してかまわないと思います。

クリニックと比べて法規制が比較的緩いサロンは千差万別です。料金が安くて技術力も高く、スタッフの対応も適切というサロンがある反面、待ったま真逆のサロンも存在するのがこの業界です。悪質サロンは自然淘汰されるとは言え、消費者の心の隙を狙って新たに生まれてくるのもこの業界です。また、はじめから悪質サロンとしてしてスタートしたわけでは無かったのに、年月を重ねて悪質化してしまう業者もあります。いずれにせよ良し悪しを見分ける必要があります

センセェ
センセェ
医療機関の中に悪質クリニックが少ないという意味のことではありません。クリニックにも悪質なものは多々あります。誤解しないようにしてください。

MEN'S KIREIMO

関連記事
口まわり
男の厳選脱毛クリニック

脱毛クリニックそのものは以前からりますが、最近注目を浴び始めているのが男性特化型(男性専用)クリニックです。 男性特化型 ...

続きを見る


まとめ

ヒゲ脱毛サロンで被害やトラブルに合わない方法のまとめ

  • しっかりと料金説明を受けることができるかどうか(明朗会計)を確認しよう
  • しっかりと施術方法の説明を受けることができるかどうかを確認しよう
  • アフターケアについての説明が具体的かどうかを確認しよう
  • スタッフの対応が丁寧かどうかを肌感覚で判断しよう

曖昧な回答が多い業者は避けましょう。


-カウンセリング, サロン, トラブル, ビゲ, 料金, 脱毛
-, , ,

Copyright© シャン脱毛族 , 2019 All Rights Reserved.